術後のアダラートの処方とパイナップル摂取

アダラートは高血圧の対処で利用されることが多い薬剤です。アダラートは血管中のカルシウム吸収を阻害することで血管を縮小させることを防ぎます。血管が太くなることで血流が増し、血圧が下がる仕組みです。アダラートは処方の量によって効き目を変えやすいことから通常の高血圧の処方以外にも術後にも処方される場合があります。しかし、効き目が強いこともあり、術後の処方には特に注意がかけられることが多いようです。ただし、術後に安定しない場合にはすぐに利用が止められますが、体調が戻ってからも効き目をちぇっくしながらの処方となります。アダラートは高血圧対応には万能と思われがちなのですが、食品摂取で気をつけたい薬剤の一種です。食品のうち、パイナップルなどはセロトニンを上昇させる場合があり、高血圧には避けたい食品です。パイナップルの摂取量で変わってくるとはいえ、アダラートなどの血圧上昇を防ぐ処方をされている場合にはパイナップルは避けたほうが良いです。また、血圧上昇という観点からコーヒーに含まれるカフェインも避けるべきと考えられています。そしてもっとも酒なくてはならない食品がグレープフルーツです。グレープフルーツに含まれている物質の中にはアダラートの分解を防いでしまう効果があります。薬が効かないとカルシウムの吸収が進みますので血管が収縮してしまうのです。グレープフルーツは単体で摂取することが多い食品ですので注意しやすい食品ですが、誤って食べてしまった場合に症状が現れたらすぐにお医者さんの診断を仰ぐことが大事です。また、特に血圧を上げる、興奮させるような食品は日頃から注意しておき、アダラートの効果が適切に効くように注意したいものです