副作用が辛い場合は薬の減量を

病院から処方される薬には副作用は必ずあるといっても過言ではありません。
そのため、医療機関が取り扱う薬は、専門的な知識のある医師の判断が必要になります。
医師が処方する薬は、病気を治すために必要な薬を処方します。
しかし、その薬が自分の体に耐えられる薬とは限りません。
医師はその病気が改善させるために必要な量の薬を処方します。
その薬を飲み続けることで病気が改善できる量なのですが、人によってはその量の薬の副作用に耐えられない場合があります。
この薬の副作用が辛い場合には、すぐに医師に薬の減量を訴える必要があります。
医師には患者がどの程度苦しんでいるのかまでは分かりません。
病気を治すためには患者がしっかりと自分の辛さや苦しみなどを伝える必要があります。
辛さを苦しみを訴えたからといってすぐに薬を減らしてくれるとは限りません。
薬の量を減らすことで病気が進行してしまう可能性があるからです。
しかし、辛さや苦しみを伝えることで、病気の進行状況を判断した上で少しずつですが量を減らすことが可能になる場合があります。
病気は医師だけで治すものではありません。
医師と患者が一緒にその病気と闘う必要があります。
薬による副作用が辛い場合には、しっかりと医師に伝え一緒に病気を克服することが大切です。