アダラートによる一過性の意識障害

アダラートは一般名ニフェジピンで、バイエル薬品から発売されている薬剤です。
高血圧症や狭心症に使われるカルシウム拮抗剤です。
血管壁の細胞にカルシウムが流入すると血管が収縮して血圧があがりますが、この薬はカルシウムが流入するための受容体のカルシウムチャンネルを遮断することにより、細胞質のカルシウムの濃度を抑えて、血管を拡張させるために血圧を下げる効果があります。
アダラートは特に心臓に栄養を送るための冠動脈に対して、高い選択制を示して、心臓の収縮を抑制することで心臓を休める働きはあります。

カルシウム拮抗剤は効き目がよく安全性が高いので、血圧治療薬の第一選択薬とされています。

アダラートにはアダラート錠と薬の有効成分を持続的に放出させる橙色のアダラートLカプセルと、より持続性が高い淡赤色のアダラートCR錠があります。
適応症は本態性高血圧、腎性高血圧、狭心症です。

副作用としては頭痛、潮紅、動悸、めまい、便秘、歯肉の腫れなどです。
短時間型の剤形のものは急激な血圧の低下による一過性の意識障害を起こす可能性があり、血液障害や肝障害も報告されています。
アダラートを服用するときにグレープフルーツジュースを飲むと、血中濃度が上昇し、副作用が起こりやすくなる可能性があります。