アダラートで起こる低血圧に甘草エキスが有効か

アダラートの有効成分はニフェジピンでカルシウムブロッカーという種類の高血圧症治療薬です。アダラートなどカルシウムブロッカーは他の高血圧症治療薬より優れた降圧作用を示すことが特徴です。ですから即座に確実に高血圧を是正したい場合にはまずカルシウムブロッカーを使うことが多いです。ただその優れた降圧作用のせいで、コントロールが上手くいかないと逆に低血圧になる可能性もあります。用量設定の確立していない投与初期や増量後においては低血圧になることが多いので、めまいやふらつきが起こった場合には早めに処方医に相談しましょう。またアダラートの有効成分ニフェジピンはCYP3A4によって肝代謝を受ける薬剤です。このCYP3A4は他にも多くの薬剤の代謝に関与しており、もし併用薬がCYP3A4で代謝される薬であれば、CYP3A4代謝の渋滞状態が起こってしまい、代謝が遅れ、血中薬物濃度が上昇し、アダラートの効果が増強され血圧が低くなる可能性があります。
このような低血圧に対して甘草エキスが有効です。甘草はマメ科カンゾウ属に属する植物で、よく漢方薬に配合されている薬草です。甘草エキスの主な有効成分はグリチルリチン酸と言われています。このグリチルリチン酸というのが偽アルドステロン症という症状を引き起こします。偽アルドステロン症はその名の通り、甘草エキスがアルドステロンのような作用をすることをいいます。アルドステロンは副腎皮質のホルモンで、抗利尿ホルモンと言われています。これの作用によって腎臓における水分の再吸収が起こり、循環血液量が増加しやすくなります。これによって血圧上昇が起こります。よってアダラートによる低血圧の改善効果があるのです。