アダラートで起こる低血圧と甘草エキスについて

アダラートはカルシウムブロッカーに属する降圧剤です。アダラートなどのカルシウムブロッカーは血管平滑筋に存在するL型カルシウムチャネルの働きを阻害し、血管平滑筋を弛緩させ、血圧を下げます。現在主に使用されているアダラートCR錠は1日1回の服用で済むため、コンプライアンスも良好に保てるという利点があります。また降圧が強力であるため、速やかに確実に血圧を目標レベルまで下げることができます。ただアダラートは他剤との併用によって作用が増強されることがあります。有効成分ニフェジピンはCYP3A4によって代謝されます。CYP3A4は多くの薬剤の代謝酵素として肝臓で働いています。もしアダラートと同時にCYP3A4で代謝される薬剤が使われた場合、血管拡張作用は増強し、低血圧によるふらつき、めまい、倦怠感、頭痛などの服用が発現しやすくなります。またグレープフルーツを摂取することによっても血管拡張作用が増強します。グレープフルーツに含まれるフラノクマリンがCYP3A4を不可逆的に阻害するためニフェジピンの血中濃度が上昇し、作用が増強します。
このようにして発現する低血圧等の副作用に甘草エキスが有効です。甘草はマメ科の植物であらゆる漢方に配合される生薬です。甘草エキスの有効成分はグリチルリチン酸で、それは偽アルドステロン症を引き起こします。偽アルドステロン症とは抗利尿ホルモンのアルドステロンのように働き、尿量減少、循環血液量増加を引き起こします。この作用によって、甘草エキスは低血圧状態を改善します。しかし甘草エキスは低カリウム血症を引き起こすことがあります。これは不整脈の原因となることもあるので心疾患のある方には注意が必要です。