アダラートの重篤な副作用とは

アダラートは高血圧と狭心症の治療薬です。

高血圧も狭心症も血管に関係する病気なのですが、血管はカルシウムと深い関わりを持っています。
カルシウムは。
言わずも知れた骨を構成する成分です。
血管にはカルシウムの受容体が存在しており、その受容体に結合することでカルシウムは流入する仕組みとなっています。
ただ、結合する際に血管は縮んでしまいます。

血管が収縮すると、血圧は上昇します。
従って、高血圧の症状を悪化させてしまいます。
また、血管が収縮すると、血液の流れも悪くなります。
従って、狭心症の症状も悪化させてしまうのです。

アダラートは、カルシウム受容体の働きを阻害し、血管を拡張させ、血液の流れを良くする作用があります。
ですから、高血圧と狭心症に効果があるのです。

服用は一般製剤の場合は10mgを1日3回です。
特効製剤1(L錠)の場合、高血圧に関しては10~20mgを1日2回、狭心症に関しては20mgを1日2回です。
特効製剤2(CR錠)の場合、高血圧に関しては20~40mgを1日1回、狭心症に関しては40mgを1日1回です。
但し、どの製剤であっても症状によって服用の増減は可能です。
ですから、医師の指示に従った適切な服用をする必要があります。

安全性が高い薬ではあるのですが、副作用の報告はあります。
顔がほてる、潮紅、頭痛、動機、めまいが多く報告されている副作用です。
また、長期間にわたって服用を続けると足の甲がむくんだり、歯肉がはれるといった報告もあります。

滅多に重篤な副作用はないのですが、短時間型の製剤の場合には血圧が急激に下がってしまいますので、一過性の意識障害を起こす危険があります。
また、皮膚や粘膜の重い障害、重い血液成分の異状による発熱や出血、だるさや食欲不振といった肝臓の重い症状を引き起こす危険もあります。

***関連サイト***
ノルバスクの高血圧を抑える効果とその体験談